Otsu Citizen Movement Center

チャリティコンサート

    「大津・SDGs協働支援チャリティプロジェクト2020」の交流プログラムです。本プロジェクトのコンセプトは「Enjoy Life, Enjoy Charity」。チャリティだからと肩ひじ張らずに暮らしを楽しむことが、みんなの笑顔につながる事業を目指しています。演奏はスーホの白い馬モンゴル楽団、いとうまいこさんです。モンゴルからの癒しの音楽の贈り物。本場の楽器や歌を楽しみませんか?2020年12月5日にスカイプラザで開催です。演目などはおって掲載します。乞うご期待ください!
    → 大大津・SDGs協働支援チャリティプロジェクト2020トップ 大津・SDGs協働支援チャリティプロジェクト2020とは

スーホの白い馬モンゴル楽団、いとう まいこ(歌手)、星 千尋(歌手、朗読)、次郎丸智希(キーボード)

スーホーの白い馬モンゴル楽団 2012年に発足した、青年中国民族楽器演奏者、民族歌手、民族舞踊とモンゴル民族音楽。  楽団発足以来、毎年定期コンサートを開催するほか、中国音楽・モンゴル民族音楽普及コンサート、地域に根ざした音楽活動にも積極的に取り込んでいる。2012年からいままでにおいて、自催、多催を含め芸術団が関わった各種イベントは500回を超えている。 日中友好、文化芸術交流、異文化交流、多文化共生、多方面に音楽活動を展開している。 スーホーの白い馬モンゴル楽団(株式会社リュウリュウプランニング)
いとう まいこ 96年モンゴルに語学留学後オルティンドーと出会いチミドツェイェー氏に師事。 02年にモンゴル文化芸術大学でデルゲル教授から1年レッスンを受け03年ステージデビュー。 現在、オルティンドー協会日本支部代表 NPO法人 京滋・モンゴル友好市民ネットワーク理事で、ウランバートルゲル地区のゴミ問題について活動中
星 千尋(歌手、朗読) 2歳より美白双子の姉とステージに立つ。NHK児童合唱団、小中高各種合唱団、混声合唱団で活躍。2000年よりゴスベルグループ「SOUL POWERS」を結成し、活動。「NHK KBS おーいニッポン大阪の歌」でメジャーデビュー。2004年には「MALKLA」結成「できるやんか」でデビュー。現在はソロでも活躍。ドイツ(フランクフルト)ケニア(ナイロビ、マサイラ)中国(南昌、北京人民大会堂、上海、内モンゴル)、ニューヨークなどパワフルな歌声は日本をベースに世界へと轟き多くの人々を魅力する。
次郎丸智希(キーボード) 福岡出身。大阪大学文学部卒(音楽学)、同大学院修了(ドイツ文学)、神戸大学大学院人間発達環境学研究科・博士課程修了(人間表現専攻(学術))。第17回万葉の歌音楽祭・大賞受賞。現在、大阪音楽大学講師(ドイツ詩歌演習)、お茶の水女子大学講師(音楽学・ドイツ歌曲)、神戸日独協会理事。ピアニスト、作曲家としても幅広く全国活躍中。

主催:大津市市民活動センター

    大津市市民活動センターは、市民公益活動に関する人や情報が活発に行き交い、利用団体同士の連携や交流が促進される協働の拠点施設となることを目的とした施設です。詳しくはこちらをご覧下さい。
    TEL:077-527-8661 OPEN:月-土曜日の9:00-19:00(会議室は月-日曜9:00-21:00ご利用いただけます。年末年始休館)

↑ PAGE TOP